美濃戸口から赤岳鉱泉へ。アブに悩まされた道


61AD5663-AEA6-4724-8790-03B4888C2EBB.jpeg

〜改めて振返り〜
この日は美濃戸口から赤岳鉱泉を目指します。
ニュー登山靴は順調。


登り始めるとしばらく砂利道が続きます。
車も時々行き交う道。なだらかに坂道が続きます。

登山初心者の私。
砂利の歩きづらさと、緩やかな登り道が地味に体力を奪う。
そしてアブ襲撃。



7BD709E6-8A23-4EC4-96D8-8E3C83E86D42.jpeg


だんだんと小さな岩も増えてきて、時々川を渡ります。
空気がひやっとして気持ちがいい。
川のそばはアブが多い。。川をゆっくりみたくてもアブに襲われるのでそそくさ前に進みます。

49F64AC9-FDE6-438E-A93C-FF63A2E2FF49.jpeg




ハッカ油シュッシュの頻度がどんどん上がります。

もったいない

でもアブは嫌

なくなっちゃう!


のせめぎ合い

ないよりずっと良いハッカ油頼り。
パートナーは、惜しまずシュッシュをし続けている。
やはりケミカル虫除けがほしい。




途中の山小屋で、虫除けあります。の張り紙あるも売り切れ。。
1000円出してもほしいよね。と私たち。

諦め、水を汲み、足早に進みます。
水は500mlあれば、途中の山小屋でその都度汲むことができ
とても助かりました。


D1E126C0-8293-4287-BED6-CF8BC7796081.jpeg

苔が満ち満ちていて、美しい。
標高が上がるにつれ、砂利道は終え、アブは川辺周辺になり、そしてやがてそれも無くなって行きました。

時間があればスケッチでもしたかったな。



この記事へのコメント