夏登山に絶対必要だと思った 虫除け

300B0D84-A16A-4296-BB8C-FB4DF961196E.jpeg


無事に登山客を乗せたバスは美濃戸口へ到着し、まずは入山届を提出します。
到着早々、アブ地獄で、大量のあぶに襲われる登山者たち。。。

虫除けもってくるべきだった。。。
と思ったら、パートナーが取り出したハッカ油シュッシュ(ちっちゃな小瓶)








シュシュっとふりかけてくれ、私はニューシューズの靴紐を教わった通りにキュッと締め

2FEF3B2F-BFB1-4348-917A-A769F322B48B.jpeg



とにかくアブもすごいので装備を確認し、
パートナーはルートや時間を確認などして足早にスタートです。




10B7ADF4-C041-4E4D-8C41-907D93F29D4B.jpeg



彼が持ってきていたハッカ油スプレーは小さな小瓶に半分ぐらいだったのだそう。
しばらく車が通れる砂利道を登って行くのだけど、その間長い事アブ攻撃にやられ、その都度シュッシュ。
ふりかけた直後はアブは離れるものの、しばらくすると、また大群に囲まれる。

ブンブン手ぬぐいで虫を払いながら進む山道。
景色を楽しむ余裕も、無駄に体力も奪われます。
そしてあっという間にハッカ油は尽きそう。。。。


どうやらハッカ油では八ヶ岳のアブとは戦えない。。
もっとケミカルで強力なものでないとダメそう。

あとで調べてこれが効くと導入。次は虫には負けない。










これがあったらよかったな。と思った防虫ネット






こんなパーカータイプもありました。




忘れてならない手ぬぐい。
山のお供の手ぬぐいは好きなものを選びたい。









私たちは、ワタワタと終始アブと戦いながらいなくなる標高まで戦ったのですが、防虫ネットもせず、ズンズン歩いて行く人も見かけました。
虫除けが完璧だったのか、はたまた慣れていて気にならないのか(それは嘘でしょ?と言いたいレベル)
でもその姿はたくましくカッコ良さすら感じました。笑




BC576361-8A29-4F9B-862E-A889DF5D9FD7.jpeg


この記事へのコメント